• ALL
  • NEW ENTRIES
  • お口のニオイ研究
  • お口のニオイ調査
  • お口のニオイまめ知識
  • 研究員チャレンジ
CATEGORY

お口のニオイまめ知識

No
018
TITLE

だ液の役割

×
BACK

Do you know?
だ液はお口の救世主?!
IMAGE

食べ物を口に入れたり、酸っぱいものを思い浮かべたりするとよく分泌される、だ液。個人差はありますが、唾液は実は毎日1~2リットルも分泌されています (成人の場合)。だ液は、お口にとって欠かせないものです。今回はそのだ液の役割についてご紹介します。

1:自浄作用
だ液は食事の後、お口の中に残った食べかすやそれがもとで繁殖した細菌を洗い流します。寝ている間や食事前などはだ液の分泌が少なくなる時間帯。 関連記事はこちら
起床後や食事前は特にお口のニオイにも気を付けたほうが良いと言えるでしょう。

2:殺菌・抗菌作用
だ液にはリゾチームという殺菌作用を持った酵素が含まれています。また、IgAなどの抗体やペルオキシダーゼ、ラクトフェリンなどが細菌の働きを抑えて不活性化します。これらの働きにより、空気や飲食物の入り口であるお口の中で細菌が増殖するのを抑えて、私たちの身体を守ってくれます。

3:消化作用
よく知られているだ液の働きのひとつ、それが消化作用です。だ液に含まれている消化酵素がデンプンを分解、体内に吸収されやすい状態にして食べ物を胃へと送り込みます。

4:保護作用
だ液には粘膜を守るという働きもあります。歯や食べ物で粘膜が傷つかないよう、だ液が潤滑油のような役割を果たしています。

5:歯の再石灰化・保護
歯からカルシウムなどが失われるとやがてむし歯になってしまいます。そうならないように、だ液はカルシウムなどを歯に補充し、歯を再石灰化させる働きを持っています。また、歯に膜を作らせて、歯からカルシウムを失われにくくしています。

6:味の伝達
食べ物に含まれる味物質が、舌の表面にある味覚受容体と呼ばれる味のセンサーに到達できなければ、味を感じることはできません。唾液は味物質を溶かし込んで、このセンサーが感知できるようにする働きもあります。

だ液をよく出すということは、1・2の働きによってお口がキレイに保たれて、お口のニオイを抑えることにつながります。さらにその他の働きも促進されて歯や全身の健康維持にもつながります。だ液を分泌させるには、食べ物をよく噛むことが大切です。だ液こそお口の救世主。きちんとだ液が出てお口がうるおっているか、時々お口の中を意識してみてください。

参考文献
口腔衛生学・歯科衛生統計 全国歯科衛生士教育協議会 編 医歯薬出版
『歯科医療 2006冬号』 第一歯科出版